MENU

吃音はが子供に遺伝する?

吃音に関して、遺伝であるか?そうでないか?

 

 

 

よく議論されることですが、DNAに関して
同じ、遺伝子があると言われています。

 

 

しかし、吃音になる遺伝子であるを分かったわけでもありません。

 

 

もちろん、親子の遺伝子は似るもので、
吃音の症状が出ていない人の方がはるかに多いのです。

 

 

私の子供の吃音の場合

 

私の家庭や、親戚には吃音はいません。
しかし、子供は吃音になりました。

 

 

よく言われているのは、
例えば、親のどちらかに「どもり」がある場合に

 

それを聞いて、育つので
うつってしまうということです。

 

 

子供は、成長過程で言葉を学習する時に
視覚よりも「聴覚」で覚えます。

 

 

 

その時に毎日聞いていると、
知らず知らずのうちに吃音のリズム感が
刷り込まれていくのです。

 

 

関西人が関西弁のイントネーションで話したり、
地方によって、文章の切るところ、話すスピード
音感が違うのと同じで、

 

「親から聞いた言葉」をオウムの様に
覚え発声し、言語を話すようになるので、
親のどもりの感覚が脳に刷り込まれるのです。

 

 

なので、遺伝子的な遺伝というよりは、
親の話し方を子供が知らず知らず記憶し、
いつの間にか吃音になることが多いのです。

 

 

私の子供の場合は友達から…

 

私の子供は幼稚園に行くまでは
吃音の症状はありませんでした。

 

 

実は、幼稚園に入って仲良くしていた子が
吃音だったのです。

 

 

 

これは、推測にすぎませんが、
その友達といることで、知らず知らずのうちに
言い方は正しくないと思いますが
「うつった」という可能性が高いのです。

 

 

とは言え、そうならない人の方が
多いわけで、私の子供に何らかの
遺伝的な要素があったのかもしれません。

 

ちなみに、その子のご両親は
全く症状はありません。

 

 

吃音は、親からの遺伝というのは
心臓病やガンなどと比べれば
限りなく少ないと言われているので

 

親が吃音だから子供に
遺伝する心配は少ないです。

 

 

>>吃音、絶対!病院行ってはいけない!